【子育て答え合わせ】赤ちゃんにおしゃぶりは必要?

子育て答えあわせ

新米ママ「赤ちゃんのおしゃぶりって必要なの?」

子育て終えたカラママ「うちはおしゃぶりが大正解でした!」

目次

  • おしゃぶりで泣き止むのか?

    おしゃぶりをすると、一時的に赤ちゃんは泣き止みます。
    もちろん上手にできればですが、これは、赤ちゃんの口や舌の形状などでおしゃぶりの種類を試してみれば、どれか合うものが見つかるはずです。
    うちも3種類くらい試して、これ!っていうものは、口に吸い付くようにぴったりするものがありました。
    ミルクや母乳をしっかり飲んでるのになんで泣いてるの?というときは口が寂しいからというだけの時もあります。
    飲ませて、ゲップをさせた後、すぐおしゃぶりをさせると、飲んでいた口の動きの流れでそのまま上手にできたりします。
    ただ、泣いてうるさいからおしゃぶりさせるのは、親のエゴ!と思われるかもしれませんが、メリットをお話したいと思います。

    おしゃぶりメリットとは?

    メリットとしてうちは大きく2つありました。
    1つ目は、ギャーギャー言わない子になりました。
    赤ちゃんの頃にママ友とファミレスとか行くと、泣きやまない子や、寄生を発して騒ぐなんて、赤ちゃんなら仕方ないと思いますが、うちの子はおしゃぶりしていると、1人でいい子にしてくれていました。
    また、夜泣きもほぼありませんでした。
    2つ目は、大きくなってから分かったことなんですが、肺の強い子になっていました。
    中学生くらいになって、少し風邪気味で病院にいった際に、お医者さんから「肺の丈夫な子だね」と言われました。
    では、なんでおしゃぶりと肺が関係するのかというと、おしゃぶりは口が塞がれているので、自然と鼻から肺呼吸を覚えます。
    なので、小さい頃から肺呼吸がしっかり身につくということです。
    よく、大人でもそうですが、口を開けて寝る人とかいますよね、口を開けて寝ると雑菌が入りやすく、風邪やその他の病気をもらいやすくなります。
    そういえばうちの子は小さい頃から、体が丈夫だったように思います。
    この体が丈夫ってのは大きなメリットだと思っています。

    おしゃぶりのデメリットは

     

    • 出っ歯やガチャ歯になる
    • 衛生面は心配
    • やめさせるタイミングが難しそう

    よく言われるのが、出っ歯になる、ガチャ歯いなる、など歯並びの心配です。
    私は当時、おしゃぶりについて調べたら、3歳以降させていると、歯並びに影響がある。という記事を見たので、3歳のお誕生日にやめさせました。
    ちなみに、今、高校生になりましたが、歯のホワイトニングの広告をお願いされたほど、歯並びが綺麗です。
    実際、ホワイトニングの広告のモデルもさせてもらいました。
    なので、問題ないと思います。
    次に、衛生面ですが、これは親がしっかりと管理してあげれば問題はありません。
    いくつか持って歩くようにして、煮沸消毒を毎日していました。
    やめさせるタイミングは、先ほどもお話したように、3歳です!
    でも、どうやってやめさせるか。ですが、3歳はもうしっかりしたお姉ちゃんです!
    「3歳になったからバイバイしようか」と言い聞かせ、一緒にバイバイしました。
    でも直後は、口が寂しいので、必死にお歌を一緒に歌って過ごしました(笑)
    あとは、バイバイしたら、目に入るところには置かないようにしましょうね。

    まとめ

    娘が小さい頃、子育て日記をつけていました。今は、高校生になりました。
    その子育て日記を見ていると、あの頃、子育てわからず、色々調べて勉強していたことがわかります。
    それが今は、答え合わせができています。
    ここではそんな子育ての先輩ママとして、答え合わせができる内容のブログを書けたらと思っています。

    ちなみに、赤ちゃんのおしゃぶりはうちは大正解でした!
    泣いて困る、落ち着きがない、ギャーギャーうるさいなど、困っていたら試して見てはいかがでしょうか?
    体も丈夫になりますよ^^